効能

キャリアオイル

キャリアオイル一覧(50音順)※種類や効果効能・使い方・特徴の解説【アロママッサージ】

キャリアオイルの一覧(使い方や効能&特徴も)酸化特性,グレープシードオイル,ホホバオイル,アボカドオイル,アプリコットカーネルオイルなど。アロママッサージに最適なオイルリストです。エッセンシャルオイル(精油)やキャリアオイルの使い方や分かりやすい解説のaroma-lovelyselect
精油(エッセンシャルオイル)

スキンケア効果のある精油(アロマ/エッセンシャルオイル)の肌質別一覧

肌質別のアロマオイル(エッセンシャル)のおすすめ一覧と特徴。普通肌、乾燥肌、敏感肌、脂性肌(オイリー肌)それぞれのお肌のタイプにあった精油(アロマオイル)を活用して美容に役立てて美肌をめざしましょう。スキンケア効果別にアロマオイルを並べていますが一部重複しているものもあります
オイリー肌

マカデミアナッツオイル(macademianut)◇キャリアオイルの種類や効果効能・使い方の解説

キャリアオイルの使い方や効果効能・特徴の解説。マカデミアナッツオイル(macademianut)はオイリー肌や年齢肌が気になる方に向いてます。「消えて見えなくなるオイル(バニシング・オイル)」と評されるほど浸透が高いオイルです。※ナッツ系のアレルギーの方は使用しないでください。
アロママッサージ

小麦胚芽オイル(wheatgerm)◇キャリアオイルの種類や効果効能・使い方の解説

キャリアオイルの使い方や効果効能・特徴の解説。小麦胚芽オイル(wheatgerm)は乾燥肌・敏感肌・荒れ肌・年齢肌(アンチエイジング)の方に向いています。血行を良くしてくれるのでアロママッサージに良いです。冷え性やしもやけ、筋肉痛の緩和にも◎※小麦アレルギーの方は使用しないでください。
オイリー肌

ホホバオイル(jojobaoil)◇キャリアオイルの種類や効果効能・使い方の解説

キャリアオイルの使い方や効果効能・特徴の解説。ホホバオイル(jojobaoil)は全てのお肌に合いますが特に脂性肌に効果大です。手作りコスメに最適で保湿作用、美肌効果も期待できます。
ア行-キャリアオイル

オリーブオイル(olive)◇キャリアオイルの種類や効果効能・使い方の解説

キャリアオイルの使い方や効果効能・特徴の解説。オリーブオイル(olive)は乾燥肌や年齢肌(アンチエイジング)に向いています。※食用のものは使用しないでください。目に入ると染みるのでフェイシャルマッサージに使用するときには注意してください。
乾燥肌

ローズヒップオイル(rosehip)◇キャリアオイルの種類や効果効能・使い方の解説

キャリアオイルの使い方や効果効能・特徴の解説。ローズヒップオイル(rosehip)は乾燥肌・敏感肌・荒れ肌・年齢肌(アンチエイジング)の方に向いています。肌の再生やしみ、しわなど美容効果の期待できますのでぜひ活用してみてください!フェイシャルマッサージに最適です。
アロママッサージ

セントジョーンズワートオイル(St・JohnsWort)◇キャリアオイルの種類や効果効能・使い方の解説

キャリアオイルの使い方や効果効能・特徴の解説。セントジョーンズワートオイル(St・JohnsWort)は全てのお肌につかえますが、特にオイリー肌や敏感肌の方に向いています。老廃物を排出してむくみを軽減する効果を期待できるのでアロママッサージにも良いでしょう。神経痛、筋肉痛の緩和や切り傷やけどなどの改善にも◎かなり広範囲で“使える”オイルです。
アロママッサージ

スイートアーモンドオイル(sweetalmond)◇キャリアオイルの種類や効果効能・使い方の解説

キャリアオイルの使い方や効果効能・特徴の解説。スイートアーモンドオイル(sweetalmond)は全てのお肌に向いています。とてもマイルドなオイルです。すべらかで肌なじみが良いのでアロマトリートメントにとても適してます。
アロママッサージ

アボカドオイル(avocado)§キャリアオイルの種類や効果効能・使い方の解説

キャリアオイルの使い方や効果効能・特徴の解説。アボカドオイル(avocado)は乾燥肌や年齢肌(アンチエイジング)に有効です。皮膚にとって必要な養分を多く含むオイルでアロママッサージに向いています。
Sponsored Link
テキストのコピーはできません。